第1回『シナリオライターになろう』


どこかの投稿サイトではありません。こんにちは、原野伊瀬です。

当ブログでは『美少女ゲームを作りたい!』、『シナリオライターになりたい!』という方のために、私がお教えできる範囲でゲーム会社の事やシナリオライターについて連載していこうと思います。

……と、言っても業界の裏側をぶっちゃけるとかはしませんので、そういうのを期待されていた方はごめんなさい。
微力ながらこれからシナリオライターを目指す方や美少女ゲームファンの糧になれば幸いです。

さて記念すべき第1回は『そもそも美少女ゲーム会社のスタッフや制作に関わる人にはどういった人が居るの?』
その中で『“シナリオライター”の立ち位置や役割は?』など、基本的な事をご紹介したいと思います。

一般的な美少女ゲームはだいたい次に上げるような人達の手によって制作されています。

  • プロデューサー・・・予算やスケジュールの許諾を出す人。『企画』というクレジットになっている事もあるが、現場に関わらない人も多い。
  • ディレクター・・・現場の責任者。企画や仕様を決め、スタッフに仕事を割り振って、出来上がってきた素材の最終チェックをする人。
  • 原画家・・・キャラクターをデザインして、立ち絵やイベントCGの原画を描く人。
  • チーフグラフィッカー・・・原画に塗る色や影&ハイライトの付け方を決めたり、ゲームのUIやパッケージなどの印刷素材を作る人。
  • グラフィッカー・・・チーフの色見本に従って実際に原画に色を塗ったり、背景を描いたりする人。
  • シナリオライター・・・ゲーム中に表示されるテキストを書いて台本を作り、立ち絵の動きや表情、背景や効果音といった演出全般を指定する人。
  • サウンドクリエイター・・・BGMや効果音などゲームで使用する音を作る人。
  • ムービークリエイター・・・・アニメーションやPVを作る人。
  • プログラマー・・・・・・・・ゲームを動かすプログラムを書いたり、ゲームの仕様に合わせてプログラムを調整する人。
  • スクリプター・・・・・・・・プログラムの仕様やゲームの素材に従って、実際にコーディングしていく人。
  • 声優・・・・・・・・・・・・キャラクターに声を吹き込む人。
  • 音響監督・・・・・・・・・・キャラクター設定や台本に従って音声収録のディレクションをする人。
  • 収録エンジニア・・・・・・音声収録時の機材操作や、収録した音声を切り出す人。
  • 広報営業・・・・・・・・・・卸業者や小売店にゲームの販促をする人。
  • Webデザイナー・・・・ブランドや作品のWebサイトを作る人。
  • アフターサポート・・・ゲーム発売後にユーザーさんから寄せられる様々な不具合や質問に対応する人。

意外に多いと思われるかもしれませんが、大手でも無い限りほとんど兼業です。
例えば、私も肩書き上は“シナリオライター”ですけど、企画やディレクションに近い事もしてましたし、効果音や加工音声を作ったり、Webサイトや人気投票のCGIをコーディングしたりもしていました。
もしかしたら、シナリオを書いている時間よりも他の業務をしている時間の方が多かったかもしれません。

制作体制にもよると思いますが、手っ取り早くゲームを作ってる実感を味わうならライターかディレクターがオススメですよ。
(当然、お給金は一人分ですけど^^;)

それでは今回はこのへんで……
次回はシナリオライターが実際にゲーム制作の中でどういった仕事をするのかをご紹介致します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク